菊池 信之介 (きくち しんのすけ)

専門家向けサイト(English ver.)

略歴

  • 2019年9月 - マサチューセッツ工科大学 経済学部博士課程

  • 2019年 東京大学大学院経済学研究科修士課程 修了

  • 2017年-2018年 マッキンゼー・アンド・カンパニー ビジネスアナリスト

  • 2016年 東京大学経済学部経済学科 卒業
    全学部 卒業生総代

これまでの仕事など

フルタイム

  • ビジネスアナリスト:マッキンゼー・アンド・カンパニー、2017-2018

講師(非常勤・短期)

  • "Macroeconomics for Public Policy, Practice Session":東京大学公共政策大学院、2019夏学期

  • 「経済成長論」 : 経済産業省、大学院レベルの経済成長論に関する集中講義、4回、2019

  • "Math Camp" (大学院新入生向け数学): 東京大学大学院経済学研究科、2017春, 2019春

その他(非常勤)

  • 研究補助員 :一橋大学経済学研究科 帝国データバンク企業・経済高度実証研究センター、2020/8-現在

  • 特別研究員 (DC1):日本学術振興会、2019/4-2019/7

  • トレイニー:東京大学政策評価研究教育センター、2018-2019

  • Seasonal Analyst:ゴールドマンサックス 投資調査部、2018-2019

リサーチ・アシスタント

  • Prof. Daron Acemoglu and David Autor:マサチューセッツ工科大学、2019 -現在

  • Prof. Josh Angrist:マサチューセッツ工科大学、2019 - 2020

  • Prof. Kosuke Aoki and Hidehiko Ichimura:東京大学、2015-2019

ティーチング・アシスタント

マサチューセッツ工科大学

  • 14.05 "Intermediate Macroeconomics":学部、2021年秋学期

  • 14.452 "Economic Growth":PhDコア科目、2021年秋学期

  • 14.453 "Economic Fluctuation":PhDコア科目、2022年春学期

東京大学

  • Macroeconomics 1&2 :大学院経済学研究科コア科目、 2016年度夏学期冬学期, 2018年度夏学期冬学期, 2019年度夏学期

  • Macroeconomics for Public Policy:公共政策大学院、2019夏学期

日本語による紹介記事や書きもの

    1. 論文Today 職場における学習効果を測る
      日本労働研究雑誌 20224月号

    2. 海外論文SURVEY Home-market effectの実証
      経済セミナー 2021年122022年1月号

    3. 海外論文SURVEY 港湾都市に対する集中的なインフラ投資の帰結
      経済セミナー 2021年6・7月号

    4. 経済学Ph.D.留学アウトリーチ企画2020年冬 経済学Ph.D.について知ろう!
      経済セミナー 2021年6・7月号

    5. 【巻頭インタビュー】この人を訪ねて vol.22 新型コロナウイルスが労働者に与える影響とは
      経済セミナー 2020年10・11月号

    6. コロナ危機は、企業の退出にどのような影響を及ぼしたか?
      RIETI(経済産業研究所)コラム 2020年7月10日掲載 (国際通貨基金Gee Hee Hongさん、早稲田大学齊藤有希子さんとの共著)

    7. 米国における中間層の消失:教育水準や世代における格差拡大の観点
      RIETI(経済産業研究所)コラム 2020年7月3日掲載 (東京大学北尾早霧さんとの共著)

    8. 新型コロナ(COVID-19)危機が引き起こす格差の拡大
      CREPE(東京大学政策評価研究教育センター)コラム 2020年5月掲載(東京大学北尾早霧さん、東京大学御子柴みなもさんとの共著)

    9. テクノロジーがもたらす経済成長と雇用
      週刊東洋経済Plus 2019年5月18日掲載

経済学PhDについてのアウトリーチ活動