経済学PhDに関する有用なリンク

経済学PhD出願について

伊神先生: 経済学PhD応募のコツ
審査側の視点で、経済学PhD留学の出願についてのコツが詳細に載っています

Susan Athey:Professional Advice
審査側の視点で、英語ですが、経済学PhD留学の出願についてのコツが詳細に載っています

戸田先生: ブログ
審査側の視点で、入試選考プロセスについて日本語で読める貴重なブログです

安田先生: 『ロンドン桜』:課外授業1限目【PhDへの道】
学生側の視点で、合格状況など含めて、なかなか表に出てこない情報が詳しく掲載されています

下松先生:経済学大学院留学ガイド
網羅的で丁寧な経済学大学院留学ガイドです

ダイバーシティに関する取り組み事例

アメリカ経済学会:Code of Conduct, Policy on Harassment and Discrimination
"The AEA seeks to create a professional environment with equal opportunity and fair treatment for all economists, regardless of age, sex, gender identity and expression, race, ethnicity, national origin, religion, sexual orientation, disability, health condition, marital status, parental status, genetic information, political affiliation, professional status, or personal connections." (from Code of Conduct)

日本経済学会:女性研究者奨励賞(日本生命賞)
「日本経済学会としては、若手の女性研究者を支援することにより、経済学研究を推進すると同時に、 ロールモデルをサポートして次世代の育成にも役立たせることを願い、 ここに、日本経済学会・女性研究者奨励賞(日本生命賞)を創設するものです。」
(授与概要より)

各大学のPhDプログラム詳細

各大学のHPをご覧ください。例えばハーバードはこんな感じです

PhD取得後の就職先

経済学PhD取得後の仕事について(など)
英語ですが、非常に貴重なウェビナーシリーズです

各大学のHPをご覧ください。PhD学生の就職先も、各大学のPlacementというページに載っています。”PhD econ placement”とGoogle 検索することをお勧めします。
例:
UCバークレースタンフォード

関連企画

日本経済学会アウトリーチ企画

「これは、なんとなく経済学を知りたい学部生や高校生など、また経済学系の大学院進学に興味のある(しかし必ずしも情報に恵まれていない)学部生や社会人などへ、経済学の学び方、学習後のキャリアパス、大学院進学、その他一般的な質問に登壇者が答えていくことにより、いままで日本経済学会としてアウトリーチが難しかった層へアプローチすることを目的としています。」

経済学の研究を日本語で話す(PhD学生による情報発信)
アメリカで勉強・研究する博士課程学生によるブログです

伊神さんのスラック

日本から海外のPhD進学を検討する際、国内外の修士課程を経ることがほとんどです。そこで、Yale大学の伊神先生が作られている、「経済学の修士に興味がある大学生」を主な参加者とするSlackのワークスペースを紹介させていただきます。こちらでは、国内外経済学修士の学校情報のシェアや勉強法など、具体的な質問や個別相談などが活発に行われており、博士課程の情報もあります。もしご関心があれば申し込みを検討されることをお勧めします。

注意:Slackのワークスペースは、実名と所属を明示して参加してもらうシステムになっていますので、登録メアドは大学・会社等の正式のものでお願いします。フリーメールの場合は、写真付きの学生証・社員証・名刺などで登録時に身分を明らかにしてもらうことになります